ミツバチについてのページです

詳しく見ていきましょう

home sitemap
代表電話番号 0120-881-538

蜂対策・駆除のための知識を増やす - ミツバチ -

ミツバチの生態を知る!

スズメバチ
ミツバチ科ミツバチ属に属する昆虫
見た目・性格・特徴

他のハチよりは体が小さい

  1. ニホンミツバチ:体全体が黒っぽく体が小さい
  2. セイヨウミツバチ:体が黄色っぽく日本ミツバチより体は大きめ

おとなしく、手を出さなければ刺すことはめったにない。 日本ではニホンミツバチ、セイヨウミツバチが飼育・養蜂されており、蜜の採取が行われている。また、ミツバチは刺すと死んでしまう。

ミツバチはハチの中では最もおとなしい種類で、自分から人を攻撃することはめったにありません。 ミツバチは、一度人を刺すと死んでしまうんです。なので、よほどのことがない限りは攻撃してくることはなく、スズメバチのように必ず駆除が必要な蜂という訳ではありません。

ミツバチの巣はわかりづらいところにあることが多いんです。庭の生け垣とか植え込みの中、木の枝なんかによく巣を作っています。こういう見えづらい場所だとうっかり足を踏み入れてしまったり、子供が遊んでいてミツバチの巣を刺激してしまうこともあるでしょう。ふだんはおとなしいミツバチでも、自分の身に危険を感じたり、巣を壊されそうになったりすれば怒って攻撃してきます。

ミツバチは小さなハチですが、アナフィラキシーショックを起こす毒は持っています。こういったショック症状を引き起こすのは何もスズメバチやアシナガバチだけではないんです。 一度に何匹ものミツバチに刺されたりすると危険な状態になることも十分に考えられます。

とはいえ、ミツバチは生態系にとっては重要な虫です。近づいたり刺激さえしなければ共存可能な種類ではあります。 生活圏内でどうしても近づかなくてはならないところに巣を作られてしまった場合には駆除の必要がありますが、ミツバチが減ることで自然のサイクルが乱れる心配もあるので、関わらないようにしつつ、巣を守るようにすることも大事です。なお、8の字ダンスをしていないかも注視しておきましょう。

ミツバチの習性

有益な昆虫です

その名の通り、花の蜜を採集して、巣に蜜を持ち帰ります。そのため、他のハチと異なり、人によって意図的に養蜂が行われるなど人類にとって有益な昆虫といえます(ハチによる生産物の例:蜂蜜、蜜蝋、プロポリス、ローヤルゼリー、花粉など)。女王蜂も同様です。また、比較的おとなしい性格で、蜂自身・巣に危害を加えなければ刺してくることはありません。

見積もりバナー

スズメバチ駆除福岡RPトップへ戻る

PAGE TOP