蜂駆除をご自身で行うならば…

大変危険で獰猛ですので、業者にお任せください

home sitemap
代表電話番号 0120-881-538

自力駆除の準備

防護服や防蜂ネットがあればベター

自力で駆除を行うには、次のようなものを準備しておきましょう。

蜂への注意

ちなみに、やむを得ず退治しなければいけない場合として、家の中に蜂が入ってきたならば、ペットボトルで蜂退治することもおすすめです。

防護服

専用の防護服があると安心ですが、購入すると数万円はかかります。地域によっては役所でレンタルをしてくれるところもあるので、調べてみましょう。専用の防護服は蜂を刺激しないよう色は白です。防護服を着ない場合も服装は黒など濃い色は蜂の攻撃性を誘発するおそれがあるので避けてください。また、素肌は露出せず、襟や袖口から蜂が入り込まないよう注意します。

頭部を護るもの

全身の防護服は高価ですが、養蜂家向けの防蜂ネットであれば、3000円程度手に入ります。帽子やゴーグルなどで頭や目は護ったほうがいいでしょう。

殺虫剤

安全に蜂の巣に近づくために、殺虫剤を使用します。殺虫剤は、蜂用のものが市販されていますが、ゴキブリ用のものでも使えるでしょう。効果的なのは「ピレスロイド系」の成分が含まれるもので、一般的な虫除け・殺虫剤はおおむねこの成分を含んでいます。

長い棒

蜂の巣を落とすために、直接触れるのは危険ですから、離れた場所から蜂の巣に届く棒状のものが必要です。

ゴミ袋と捕虫網

落とした巣はゴミ袋に入れて処分します。捕虫網があれば、網の内側にゴミ袋を入れ、棒で叩き落とすことで蜂の巣を袋に入れやすく、便利です。

十分な安全対策のうえ、業者の利用も検討しましょう

蜂の巣の自力での駆除をお薦めするものではありません。自力での駆除を試みて蜂に刺されるなどの被害を受けても、自己責任になってしまいますので、行う際は、十分な安全対策をお願いします。

また、繰り返しになりますが、蜂の巣が大きい場合、蜂の種類がスズメバチである場合は、自力での駆除は危険ですので、避けましょう。自力での対応には危険が付きまとい、限界がありますので、駆除が困難な場合は迷わず駆除業者に相談されることをお薦めします。

蜂の巣が再発したり、蜂が戻ってきた場合は?

巣が駆除された後も、一週間程度は、巣があった場所で蜂の姿が見られることがあります。これは「戻り蜂」と呼ばれ、巣が駆除されたときに外に出かけていた蜂が戻ってきたものです。巣がないことがわかるとどこかへ行ってしまいますので気にする必要はありませんが、念のため、巣のあった場所に近づくときは蜂がいないか注意してください。

ときおり新しい巣が同じ場所にできてしまうことがあります。これは特にアシナガバチに見られる性質として、女王蜂を失っても、生き残りの働き蜂が巣の再建を試みるケースがあるのです。また、まったく別の群れがたまたま同じ場所に巣をつくることもあります。その場所が、蜂にとって巣をつくりやすい場所だということなのでしょう。

こうした「蜂の巣の再発」については、駆除後にその場所に殺虫剤などを使用しておくことで、ある程度予防することが可能です。

スズメバチ駆除福岡RPトップへ戻る

PAGE TOP