スズメバチとアレルギー抗体検査

アレルギーがあるかの病院での受診がおすすめ

home sitemap
代表電話番号 0120-881-538

アレルギー抗体検査のすすめ

過去に一度でも蜂・スズメバチに刺された方は、アレルギー抗体検査の受診をおすすめします。

アレルギー抗体ができたかどうかの確認ですが、もしも抗体がある場合は、緊急用の注射を携帯するなごの対策を講じる事が大切です。

蜂毒アレルギーの注射

蜂毒アレルギーの緊急用注射は、現在保険適用となっていますので、一度受診されてみてください。その概要は以下の通りです。

  • 蜂にさされてから1ヶ月以上の経過
  • 血液検査、パッチテスト、薄めの蜂毒を注射する皮膚内テスト

これから蜂に刺されないよう予防策

山などスズメバチ・蜂のいるところに近づかないことが大切です。また暗めの服は着用しないようにしましょう。また、家や庭木などにも巣をつくっている場合もありますので以下の場所には注意が必要です。

  • 壁の隙間
  • 庭木の陰
  • 軒先
  • 穴のある土の中
  • 屋根裏

蜂の存在を知るには?

蜂の巣の存在を確認する方法があります。2リットルのペットボトルのカーブ部分に10数ミリの穴を開けます。蜂が入りやすくて出られない構造が大切です。

そこにブドウ味の乳酸菌飲料をそこから3センチほど入れて日陰につるします。そして、半年ほど様子を見ていきます。すると、そこに蜂が溺れていたら巣がある可能性が高いのです。なお、中身は腐敗を防ぐために定期的に交換してください。

このように予防や準備により、危険の確率を大きく下げることができます。事後の100策よりも事前の1策です。前もって用心しておくといざというときにも困らないでしょう。その為にも正確な蜂に対する知識を付けて、正しい対処法を行いましょう。

見積もりバナー

スズメバチに刺されたらに戻る

スズメバチ駆除福岡RPトップへ戻る

PAGE TOP